Local Enterprise Creation

行政のあり方に石を投じる存在

Pocket

災害対応しつつ、今日は、兵庫県へ。

災害でキャンセルしたり、リスケしていたスケジュールなどもあり、今週からうまく折り合いをつけながら仕事と災害対応を両立。

兵庫県の地域おこし協力隊研修でした。

25名くらいが集まり学びあいました。

夜、行政マンと話していた時にでてきた

「行政は今、変わらなければならない。若い協力隊が行政に向けてストレートにいう言葉に、行政を変えていくためのヒントがある。協力隊は行政のあり方を揺さぶる存在だと思う。」

本当に税金は地域の幸せを実現するために使われているか、

公務員のあり方は今のままでいいのか、

行政は真に前進しているか、

協力隊は地域に入ればこそ、見えてくる本当に必要なことを、住民の声として行政に届けられる存在だ。そして、自ら動くことができる存在でもある。

そんな話をした。

ラウンドアバウトの考え方からの議論も深まり、学びの多い一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。