Local Enterprise Creation

2019の振り返りと年始

Pocket

ここ一年、常に携えていたボロい手帳と、今年最後の課題図書。

2020年が始まった。

感慨深い。

2019年は、垂直運動が多い年だった。

移動距離も地球を一周している。

ある意味、筋トレだと思っている。

わが家の生活から始まり、自分の法人の事業、市町村の事業、県域の事業、国の事業を民間と公、営利と非営利を行ったり来たりしながら担ってきた。

それぞれの立場で得た知識や経験、役割を、垂直運動しながら、別の立場で活かしたり、新しいものを創造したり、という場面が多くあった。

広い視野で全体最適をみながら、マネジメントやコーディネートしていく動きは、20代では出来なかった動き方で、30代なりの仕事の仕方なのかも、とフッと思ったりする。

でも、情熱が入るのは、自分が経験的に気がついた事だけだ。

2020年も、学び続け自分が気がついたことを大事にして、次々取り組んでいきたい。仕事でも趣味でもいい。

人の本性を損なうことのない社会

技術や制度を人に従わせる社会

自然と他者との関係性の中で自由を得る社会

そんな、キーワードが今年最後の課題図書には書いてありました。新時代はこれだ!と答えがないところが最高です。永遠の未完成、それが楽しいと思える今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。